. 映画 狼の死刑宣告 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 狼の死刑宣告 感想

街のダニども、全員死刑に処す。
ケビン・ベーコン映画、「狼の死刑宣告」感想です。

あらすじ!
ごく普通の家庭を持つニック・ヒュームは、ある日突然ギャングに息子を殺されてしまう。犯人は逮捕されたが、裁判では望む刑罰を与えることが出来ないことを知る。怒りと悔しさから、ニックは復讐を果たしてしまうのだが・・・。


みどころ
この映画大好きで、DVD買って何度も観てるんですが、ニコニコ動画で放送してたのでまた観てしまいました。

ホームビデオの映像から始まるんですが、その幸せそうな雰囲気がもう辛い。この後ひどいことになるんだろうな、というのが伝わってきます。

主人公を演じるケビン・ベーコンも素晴らしいです。幸せから一転、息子を殺され復讐をしてしまったばかりに追いつめられていく姿に涙が出ました。
そしてついに狼になるベーコンはかっこよすぎます。完全に向こう側の人です。

監督のジェームズ・ワンさんの作品は「SAW」と「インシディアス」と「デッド・サイレンス」を観ましたが、ギミックを効果的に使う監督だなという印象です。
今回は長回しシーンがありますが、本当に追い詰められていく感じがよく出てました。

他にも楽しいシーンが盛りだくさん。銃の説明書を読むシーンとかボスとの対決シーンとか良かったです。
悲しい最期を迎えるベーコンにグッときました。


ということで、最高の復讐もの映画です。何度見ても飽きません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。