. 映画 おしゃれキャット 感想 - りおろの好きなもの感想日記

映画 おしゃれキャット 感想

Dlifeで放送されていた「おしゃれキャット」を鑑賞してみました。

あらすじ!
美しい猫、ダッチェスは3匹の仔猫と共にお金持ちの老婦人に飼われていた。ある日、老婦人が財産を猫たちに遺そうとしていることを知った執事のエドガーに、ダッチェスたちは睡眠薬を飲まされパリの郊外に捨てられてしまい・・・。


みどころ
前から気になっていた映画で、ちょうどDlifeで放送したので観てみました。1970年の作品なんですね。タイトル通りおしゃれな作品でした。

猫たちの気品を感じさせる動きとか良かったです。絵のタッチもラフな感じだし、色使いとかもフランスのおしゃれな感じというのでしょうか、すごくいいです。

日本では仔猫のマリーが知られているらしく、私もマリーがパリを歩いているCMで存在を知りました。でもこの映画では主役はダッチェスさんです。セリフ回しが昔の映画らしく、上品な感じで面白かったです。


ということで、おしゃれな猫たちの映画でした。雰囲気が良く気に入ったのでBD買おうかなと思います。
執事さんもちょっとかわいそうかなと思ってしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント