. 映画 それいけ!アンパンマン ゴミラの星 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 それいけ!アンパンマン ゴミラの星 感想

あ~あ~あ~あ~お~お~お~お~お~♪
アンパンマン映画の13作目、「それいけ!アンパンマン ゴミラの星」の感想です。

あらすじ!
ある夜、操縦不能になった宇宙船を不時着させたアンパンマンたち。中からはヤーダ星のヤーダ姫が現れ、故郷の星がゴミだらけになったため助けを求めてやった来たと言う。問題を解決するためにゴミラと共にヤーダ星に向かうアンパンマンたちだったが・・・。


見どころ
私の大好きなキャラ、ゴミラが主役の映画です。小さいころからゴミラが好きで、その影響かカモノハシが好きだったこともありました。

今回も最初からアクションがすごくて面白かったです。燃える宇宙船を止めるアンパンマンたちがかっこいい。中から出てきたヤーダ姫もかわいかったですね。

故郷の星がゴミだらけになって助けを求めにやって来たヤーダ姫。話を聞いたアンパンマンたちは、これはゴミラしかいない!とゴミラを探します。この時流れるゴミラの歌が悲しいけどいい曲なんです。

そして、ゴミラは海の底で孤独に暮らしていました。ゴミラが出てくるだけでテンションの上がる私。孤独なゴミラとヤーダ姫はいい雰囲気になります。

ヤーダ星に向かう一向。この時のアンパンマン号を改造してスペースシャトルにするんですが、ジャムおじさん凄すぎます。

ゴミだらけのヤーダ星で待ち構えていたのは、先回りしていたばいきんまんたち。ゴミで作られたダストデーモンとの戦いが見ものです。ゴミを食べ大きくなったゴミラとの取っ組み合いは怪獣映画の様。

何とかダストデーモンを倒すものの、今度はヤーダ星が地球に落ちようとしています。逆襲のシャアばりに止めようとするアンパンマンたちもかっこいい。このままではみんな死んでしまうと、ゴミラがダストマウンテンの火口に飛び込む姿に泣いてしまいました。


いろいろありまして、ヤーダ星に残ることを決意したゴミラ。ヤーダ姫といちゃいちゃする姿が良かったです。
ということで、ゴミラ好きにはたまらない映画でした。ゴミラもヤーダ姫もかわいいし、熱い場面がたくさんあるしで大好きな作品です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。