. 映画 ボックストロール 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 ボックストロール 感想

ストップモーションアニメスタジオ、ライカの新作「ボックストロール」をBDで観た感想です。

予告編はこちら。


あらすじ!
チーズブリッジという町の地下には、”ボックストロール”たちが住んでいた。彼らは夜な夜な子供をさらって殺す、と言う噂が人々の間に広まり、街の統治者はスナッチャーという男にボックストロールの駆除を依頼する。しかし、地下から出てきたボックストロールたちの中に一人の少年がいて・・・。


見どころ
コララインパラーノマンのライカの最新作ですね。日本で上映する気配もなく、ソフトも発売されそうにないので海外盤のBDを購入して観てみました。

吹き替えはもちろん、日本語字幕もないので隅々まで理解できたわけではないのですが、わかりやすく面白く制作されているので楽しめました。

ストップアニメとは思えない素晴らしいアニメーションで、画面の隅から隅まで彩られています。ホントにすごい。
ストーリーも理解しやすく、キャラクターも感情移入して観れます。

キャラクターに関しては、最初写真で見た時は不気味かななんて思っていましたが、動いているのを見ると愛らしいです。主人公の少年と少女はかわいいし、トロールたちも面白い。

そして、悪役が本当に憎らしく描かれているのも良い。子供にはちょっと怖いかもしれませんね。

世界観もダークファンタジーな雰囲気で好きです。昔NHKで放送していた「ドラムカンナの冒険」に近い世界かなと思いました。

エル・ファニング演じるウィニーかわいい。あとエンドクレジット見てたらニック・フロストとサイモン・ペグがいてびっくりしました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。