. 映画 リトルプリンス 星の王子さまと私 感想 - りおろの好きなもの感想日記

映画 リトルプリンス 星の王子さまと私 感想

あの有名な作品、「星の王子さま」のその後のお話。
「リトルプリンス 星の王子さまと私」の感想です。

あらすじ!
良い学校に入学するため、名門校の学区に引っ越してきた9歳の少女。勉強漬けの毎日だったが、ある日隣に住む変わり者の老人と知り合う。その老人から受け取った紙飛行機にはある物語が書かれていて・・・。


見どころ
とても良い素敵な作品でした。実は私、恥ずかしながら「星の王子さま」を読んだことがなく、理解できるかなと心配でした。が、そんな不安が吹っ飛ぶほど良いお話です。(元の作品に思い入れのある方はどうかわかりませんが)

少女のいる現実世界はいわゆるCGアニメで、星の王子のいる世界はストップモーションアニメで描かれています。どちらも美しく、見事に融合して一つの作品になっていました。劇中で描かれる「星の王子さま」のストップモーションで出ていたキャラクターが、終盤でCGアニメ世界の方でも出てきて面白かったです。

どちらの世界も物凄いクオリティなので、見ているだけでも楽しめます。

そして、劇中での別れのシーン。ただでさえ泣いてしまうのに、劇中と劇内物語の2倍になって襲ってくるので、声を出さないように抑えるのが大変でした。
もちろんコミカルなシーンもあって、多くの人が楽しめると思しますね。

今回、吹き替え版しかなかったので吹き替えで観たんですが、かなり良かったです。
主人公の少女は実際に鈴木梨央という10歳くらいの子がやっていましたが、本当に上手くてすんなり物語に入り込めました。瀬戸朝香さんや津川雅彦さんなど、他の演者も見事にハマっていました。

滝川クリステルさんだけ若干浮いてるかなという気もしましたが、役のキャラクター性を考えるとあっているのかなとも思ったり。

パンフレットもいろいろ書いてあって良いんですが、本職の声優さんが割と大きな役で出ているのにあんまり触れられていないのはいいのかな。

ということで、とても素晴らしい「リトルプリンス 星の王子さまと私」の感想でした。
2日目の最初の回だったからなのか、ほとんど客が居なかったのは残念でしたが、ちゃんと観に来ていた子供も楽しんでいたようで良かったです。BDでたら買おうかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント