. ちいさなプリンセスソフィア 第47話 「ウィンターのまほう」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセスソフィア 第47話 「ウィンターのまほう」 感想

あなたのこころー♪
ティアナが出てくるワッセイリアのお話、「ウィンターのまほう」の感想です。

あらすじ!
セドリックへのワッセイリアのプレゼントに悩むソフィア。氷の百合の話を聞いて森に探しに出かけるが、そこで妖精のウィンターと出会う。彼女は触った物を凍らせる能力があり、その力を消してもらうために山の女王への贈り物を探していたが・・・。


見どころ
今回はいろんなことがあって内容が濃いです。

雪の降るワッセイリアの朝、ソフィアはセドリックさんに魔法の杖のケースをプレゼントしようと彼の部屋へ向かいます。
しかし、くだらないプレゼントばかり貰ってワッセイリアなんかいやだ、特別なプレゼントでももらいたいもんだな、とひとりワーミーに話しかけているセドリックを見てしまったソフィア。

もっと特別なもの用意しなくちゃと悩むソフィアでしたが、ベイリーウィックから魔法の”氷の百合”の話を聞いて探しに行くことに。クローバーの知り合い、狐のウィスカーズの案内でツララの森へ向かいます。ウィスカーズカッコいい。

ツララの森に到着すると、どこからともなく竹笛の音が聞こえてきました。笛を吹いていたのは妖精のウィンター。ヤギの半獣人といった姿のよくしゃべる女の子で、かわいいです。

ウィンターには触ったものが凍ってしまう能力があります。その力は一年前、山の女王グレイシアに贈り物をした代わりに魔法で授かったものでしたが、そのために他の人に触れなくなってしまいました。グレイシアに氷の百合を送って、力を消してもらおうと考えたウィンターはソフィアたちと一緒に百合を探すことにします。

4人で探すもなかなか見つからない氷の百合。ソフィアがふと見上げると樹の上にキラキラしたものがあります。なんと氷の百合は樹の上に生えていたのでした。
百合ってそんな生え方するの?

早速、木に登って百合を摘むクローバーでしたが、足を滑らせて落ちてしまいます。とっさに受けとめたウィンターでしたが、クローバーの身体の半分が凍ってしまいました。

魔法の氷は魔法でしか溶かすことが出来ません。助けてもらおうと大急ぎでグレイシアの城へ向かう一向。氷の百合を渡しますが、そんなものはいっぱいあるからと、女王は魔法を解いてはくれません。今日中に他の贈り物を探すなんて無理、とウィンターは飛び出していってしましました。

落ち込むウィンターと凍ったクローバー。ソフィアが途方に暮れていると、ペンダントが光だします。現れたのはプリンセスティアナでした。プレゼントは物じゃない、気持ちが大切なのよ~と教えてくれたティアナ。ソフィアはウィンターの得意な音楽を贈ろうと言います。

グレイシアの城へ再びやって来たソフィアたち。ウィンターの笛の音に、いつもシブい顔をしていた女王もリズムをとり踊りだしました。腰をヤッテしまったものの笑顔になったグレイシアは魔法を解いてくれました。ウィンターはソフィアと抱き合って喜びます。

ウィンターと森で別れ、大急ぎで城に帰るソフィア。みんなでワッセイリアを祝います。プレゼントを開け盛り上がるアンバーとジェームズ。

ソフィアはベイリーウィックに氷の百合を、セドリックにはやっぱり魔法の杖のケースを贈ります。今までもらった中で一番のプレゼントだと喜ぶセドリック。ツリーを囲み、幸せなワッセイリアを過ごすソフィアたちでした。


ということで季節ものエピソードでした。
放送よりも先にDVD「たいせつなおともだち」に収録されていたお話です。

シーズン2の季節ものはエンディングがいつもと違うバージョンになっていますね。
今回は登場人物も多く、好きなお話です。ウィスカーズもいいし、やっぱりウィンターが良い。この世界はいろんな種族が居て面白いです。

お話的にアナ雪のエルサが出てきそうですが、「プリンセスと魔法のキス」のティアナが登場です。

物語へのツッコミ役が多いクローバーですが、今回も笑わせてくれました。ティアナの歌も感動的で良かったし、とっても良いクリスマスエピソードでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。