. 映画 マッドマックス 怒りのデス・ロード 感想 - りおろの好きなもの感想日記

映画 マッドマックス 怒りのデス・ロード 感想

パワフルすぎる映画、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の感想です。

あらすじ!
核兵器による大戦後の荒廃した世界。イモータン・ジョーが支配する砦に連行されたマックスは、輸血袋として捕えられた。ある日、フュリオサ大隊長の裏切りによるどさくさに紛れ、逃げ出そうとしたマックスだったが・・・。


見どころ
今年の話題作だった、「マッドマックス」シリーズ最新作です。
このシリーズは実は観たことがなかったので、楽しめるのか不安でした。が、そんなこと吹っ飛ぶくらいのパワフルさに驚きました。
面白かったです。

ただ、ネット配信でPCで見てしまったので、盛り上がりきれなかったのは残念です。これは映画館で観た方がやっぱり良かったなと、感じました。

始まりからトンでも車の爆走があって、すぐに世界に引っ張り込まれました。どんどん主人公がえらい目にあいますが、砦の中の描写など凄まじすぎて笑ってしまいました。

その後もひたすらノンストップで爆走アクションが続いて、本当に息つく暇がなかったです。でも、アクションだけでなく、俳優さんの演技も良かったし、キャラクターや演出も繊細な部分もあって面白かった。

ということで、世界観が本当に魅力的な作品でした。映画館で観なかったのでそこまでハマれなかったのですが、とてつもないパワーに圧倒されました。この作品が話題になったのもわかります。

こんな映画が出てくるんだからホントにすごいし、映画は映画館で見るモノだなと思える映画でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント