. ちいさなプリンセスソフィア 第58話 「やさしいセドリックさん」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

ちいさなプリンセスソフィア 第58話 「やさしいセドリックさん」 感想

わたしにもできたーいいことがー♪
セドリックがついにペンダントを手にする、「やさしいセドリックさん」の感想です。

あらすじ!
ついにアヴァローのペンダントを手に入れたセドリックは、ペンダントの呪いを受けてしまう。呪いを解き、魔法の力を使うために良き事を行おうとするが・・・。


見どころ
念願のペンダントを手にしたのに、やっぱりダメなセドリックさんのお話です。

ある日、エンチャンシアの城でソフィアとジェームズのふたりが村の人々に配るリンゴを荷馬車に載せていました。そこへ空飛ぶ乗り物で現れたのは、ある物を手に入れ上機嫌のセドリック。

大急ぎで自分の部屋に戻ると、手に入れた珍しい「アラバスターの薔薇」で薬を作ります。セドリックはそれを使って、アヴァローのペンダントから魔法の力を引き出そうと考えたのです。

ワームウッドがソフィアたちの気をそらしているうちに、こっそり魔法でペンダントを偽物とすり替えることに成功。
って結構簡単にペンダントを手に入れてしまいましたね。これまでの苦労はいったいなんだったのでしょうか・・・。

大喜びで部屋に戻ってママに報告するセドリック。絵の中から出て来たママも大喜びです。ところが、なぜか手がいろいろなものにくっついてしまって、大事な薬を入れた瓶を割ってしまいました。

実はアヴァローのペンダントをソフィアから奪ったために、呪いを受けてしまったのです。アンバーのように!

呪いを解くには、呪いに打ち勝つ良いことをしなくてはいけません。ソフィアになにか良い物をあげれば呪いが解けるかも、と考えたセドリックとママ。大事な空飛ぶ乗り物をあげることで、なんとか手がくっつく呪いは解けました。

薬を失い、ペンダントの魔法を使うため仕方なく良い事をすることにしたセドリック。リンゴを配りに村へ向かうソフィアについて回ります。

村で様々なフルーツを実らせ、困っている子にジャンプの魔法やアイスを出してあげたりと、良い事をたくさんするセドリック。しかし、力を授かるたびに悪いことをして結局呪いを受けてしまうのでした。

悪いことをしないようにがんばって、ようやく怪力を授かるセドリック。城へ帰って国王の座を持ち上げ、ひとりで大盛り上がり。
しかし、やっぱり調子に乗りすぎたセドリックの腕が鉄になってしまい、思うように動かせなくなってしまいました。

一方ソフィアは、クローバーたちと話せなくなっていることに気づきます。ペンダントが壊れちゃったと思い、セドリックに直してもらおうと彼の元へ。

壁や床を壊しながら何とか自分の部屋に戻ったセドリック。ちょうどやって来たソフィアを見て、呪いを解くにはソフィアにペンダントを返すしかないと悟ります。ソフィアに目をつぶってもらい、再びペンダントを入れ替えると無事呪いは解けました。

空飛ぶ乗り物から手を振るソフィアを見て、「あの娘が喜んでくれてよかったよ」と力なくつぶやくセドリックでした。


ということで、セドリックのコメディ回でとっても面白かったです。
やたらソフィアに気付かれないよう気を付けるセドリック。やっぱり国を乗っ取ろうとしていることはバレたくないんでしょうか。それにしても、ソフィアはセドリックさん好きすぎです。

以前の話でセドリックママはソフィアと割と親しくしていたはずですが、今回ペンダントを奪うことに積極的でした。若干サイコパスっぽいな。

垂直離陸できる乗り物とか、クローバーたちと野球するワーミーとか、良いことをしたくてたまらないセドリックとか面白いところがいっぱいのお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント