. ちいさなプリンセスソフィア 第63話 「どうくつのクリスタル」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

ちいさなプリンセスソフィア 第63話 「どうくつのクリスタル」 感想

オーイェーこの私が一番♪
またまた懐かしいキャラが再登場!の「どうくつのクリスタル」感想です。

あらすじ!
ソフィアはトロールのナーリーとティーニーのふたりとかくれんぼをして遊んでいた。ナーリーが隠れようと洞窟の奥へ行ってみると、そこには知らない妖精の姿が。その妖精はどうくつのクリスタルを持ってこいと言い出して・・・。


見どころ
トロールたちの再登場と新キャラの登場です。

お城の近く、トロールの洞窟でソフィアはナーリー、ティーニーの兄妹とかくれんぼをして遊んでいました。隠れようとしたナーリーが「どうくつのクリスタル」で洞窟の奥を照らそうとすると、ちいさな影がそのクリスタルを奪い取って奥へ飛んで行ってしまいます。

ナーリーが影を追いかけると、そこに居たのはフリーゲルのグロッタという妖精と、もぐらのフィリンチでした。

フリーゲルは暗いところが嫌いなのに洞窟に住んでいる、ちょっと意地悪な妖精です。フィリンチはそんなグロッタに脅えながら、命令に従っていました。
奪い取ったクリスタルで、明るく洞窟を照らしたいという彼女。ナーリーにもっとクリスタルを持ってきて!と命令します。

嫌だと断るナーリーでしたが、魔法でトカゲにしてやる、と言われて仕方なく従うことにしました。大急ぎでソフィアたちの元へ戻ったナーリーは、かくれんぼを止めてクリスタル掘りをしようと言い出します。

光り輝く「どうくつのクリスタル」は貴重なもので、掘ってもなかなか見つかりません。クリスタルを洞窟の天井に飾りつけ、星空のようにしているトロールたちにとっては、ソフィアやティーニーが見つけたエメラルドやダイアモンドよりも大切な物でした。

ナーリーはようやく見つけた一個のクリスタルをグロッタへ持って行きましたが、一個じゃ足りない!と怒り出してしまいました。
急いで逃げ出すナーリー。その様子を見ていたソフィアは、助けてくれる人を知っているとナーリーを慰めます。

ソフィアが助けを求めたのは、やっぱりセドリックさんでした。フリーゲルと聞いたセドリックは、どちらが上か見せてやる!と意気込んで洞窟へ向かいます。

セドリックとグロッタの魔法対決を見守るソフィアたち。ところが、やはり偉大なるセドリックの魔法は失敗し、グロッタの魔法でトカゲにされてしまいました。早くクリスタルを持ってきてと、グロッタは再び言い放ちます。

途方に暮れたナーリーは、星空の様に飾っているクリスタルを渡すしかない、と諦めています。それでも諦めきれないソフィアは、ママに相談することにしました。

ママの助言でトロールの長老、ナックルズ様やみんなに相談しようと言うソフィア。ナーリーは決心してみんなに相談し、長老たちと乗り込むことにしました。

トロールたちに乗りこまれ、追い詰められるグロッタ。ナーリーがクリスタルをバケツで覆って周りを真っ暗にすると、グロッタは脅えて泣き出してしまいました。暗いところが怖いグロッタは、もう悪いことはしないから明るくしてと泣きながらお願いします。

セドリックや、実はもぐらに姿を変えられていたフィリンチを元に戻してしおらしく謝るグロッタ。その様子を見たトロールたちは、クリスタルを分け与え、洞窟に住むことを許します。

お近づきの印に、洞窟ゴケのお茶を振舞うグロッタ。仲良くテーブルを囲んでお茶を楽しむソフィアたちでした。


ということで、懐かしいトロールたちの再登場でした。
ホントに初期に登場していたので懐かしかったです。やっぱりキャラが立っていますね。ティーニーかわいい。

ママより先にセドリックさんに相談するソフィアもかわいいですね。セドリックさんとソフィアのやり取りも微笑ましかったし。

そして、今回登場した妖精のグロッタ。容姿はプリンセスアイビーに似ていて、大きさはトロールより少し小さいくらいです。歌も上手くて動きもカートゥーンチックな妖精さん。
中盤までの悪女感と、終盤泣き出してからのしおらしさのギャップに笑ってしまいました。ルシンダもそうでしたが、改心が急激過ぎて面白くてかわいいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント