. ちいさなプリンセスソフィア 第65話 「ビビアンのひっこし」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセスソフィア 第65話 「ビビアンのひっこし」 感想

だいすきでたまらないんだ~♪
ビビアンが暗躍する、「ビビアンのひっこし」感想です。

あらすじ!
新しいお城へ引っ越すことになったというビビアン。ところが、今のお城が大好きなビビアンは、イタズラ好きな妖精に新しいお城におばけが居るように見せて欲しいと頼んでしまい・・・。


見どころ
わっるい顔のビビアンが見られるお話です。

引越しをすると言うビビアンのお手伝いにやって来たソフィア。でも、ビビアンは大好きな音楽の部屋がある今のお城を出て行きたくないと言います。
新しいお城も大好きになるかも、と慰めるソフィアはビビアンを元気づけようと夕食に誘うことにしました。

クラックルを連れてソフィアのお城へやって来たビビアンは、クローバーと遊ぶ3人の妖精と出会います。ソフィアから、お城に呼んだらイタズラされて大変だった、と言う話を聞いたビビアンはあることを思いつきました。

ビビアンは、妖精たちが新しいお城で騒ぎを起こせば引っ越さなくて済むかもしれない、と考えたのです。

引越しの当日、こっそり妖精たちを新しいお城に連れ込むビビアン。妖精たちは張り切って、おばけが居ると思わせるようなイタズラを始めます。

勝手に鎧が動いたり、パイプオルガンが鳴りだしたり・・・。ビビアンはおばけが居るから引越しを止めようと言いだしますが、ビビアンのパパやママは大丈夫だから、と引越しを止める気を見せません。

仕方なく、ビビアンはソフィアを連れて自分の部屋を見に行くことにします。そこは音が良く響き、中にツリーハウスも有るという素敵なお部屋でした。それでもビビアンは、やっぱり音楽の部屋が好きだと言います。

その時、お城中に叫び声が響きました。ニヤリと笑うビビアン。

ふたりが急いで声の元へ駆け寄ると、柱時計を運んでいた使用人たちが幽霊が出たと脅えていました。やっぱり幽霊はいるのよ、と煽るビビアンでしたが、ソフィアは時計にちいさな人影を見つけます。

こっそりとペンダントの力でちいさくなったソフィアは、時計の中にいる妖精たちを発見しました。実は、ビビアンが騒ぎをおこすよう妖精たちに頼んでいたと聞いて驚くソフィア。

ビビアンに妖精を家に入れると大変なことになる、嫌なことから逃げてはダメだよと伝えるソフィアでしたが、そこへクラックルが慌ててやってきます。

このお城の魔法の庭で”ラブラブベリー”を食べたクローバーが、クラックルに夢中になったと言うのです。元へ戻すには”ブルースベリー”が必要だから、一緒に探してと大騒ぎのクラックル。

クラックルを追いかけ庭に出たソフィアとビビアンは、そこが美しい魔法の庭だと言うことを初めて知りました。ビビアンはすっかりその庭がお気に入りの様子です。

なんとかブルースベリーを見つけだし、クローバーはすっかり元通りに。ビビアンもこのお城を好きになれそう、と思い始めたその時、再び叫び声が響きました。

お城の中では妖精たちの騒ぎはますます大きくなっていて、パパやママはとうとう引越しを止めようと言い出しました。ビビアンは後悔し、自分が妖精たちを招き入れたことを話して謝ります。

責任を感じたビビアンは妖精たちと話しますが、もっとイタズラしたいと聞いてくれません。困っているビビアンを見て、ソフィアはある作戦を思いつきます。

妖精たちにラブラブベリーを食べさせ、自分に夢中にさせて一緒にこのお城から出たいと思わせたのです。作戦は見事に成功し、ソフィアと妖精たちはお城の外へ出ることになりました。

ブルースベリーを食べて正気に戻った妖精たちは、またソフィアにやられたと大笑い。ビビアンはパパやママに妖精たちがもういないと伝えて謝り、何とか引越しを進めることが出来るのでした。


ということで、ビビアンメイン回でした。

はずかしがり屋のプリンセスはどこへやら、目的のためなら手段を択ばないステキなプリンセスになりました。
ここ最近のビビアンは怒り顔とか悪い顔とかが多くて大好きです。

ラブラブベリーでクラックルにぞっこんのクローバーも面白かったです。自分にラブラブなのにいつものクローバーに戻そうとするクラックルは、本当にクローバーの事が好きなんですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。