. ちいさなプリンセスソフィア 第67話 「あらしのラニ」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセスソフィア 第67話 「あらしのラニ」 感想

嫌なことは忘れちゃうんだよね~♪
最強のレイラニ再び、「あらしのラニ」感想です。

あらすじ!
”炎の真珠の儀式”に招かれ、ハカロへやって来たソフィア。不安を抱えるレイラニを支えようとするソフィアだったが、魔術師ママヌの妨害でレイラニの力が暴走してしまい・・・。


見どころ
まるでアメコミキャラの様なレイラニちゃん、再登場です。

ソフィアとミランダ、ローランドの3人は、”炎の真珠の儀式”と呼ばれる祭りに招かれ、ハカロへやってきました。代々、王の子供が行ってきた、リーダーとしての資質を試される大切な儀式に、今回はレイラニが挑戦します。

実は、ハカロの王族には天気を操る力があり、その力を上手く使いこなすことが出来るのか試されます。ラニが心を乱すと力が抑えられなくなり、嵐が起こると言うのです。

不安を抱えるラニは、ソフィアに儀式の案内役である”アカフナ”になってもらいたい、とお願いします。アカフナはハカロ山の頂上へ導く、大切な役目です。ソフィアはラニを支えたいと、喜んで引き受けました。

ところが、ハカロを追放されたママヌはその話をこっそり聞いていました。儀式を邪魔してラニの心を乱し、ハカロの島をめちゃくちゃにしてやろうと企んでいたのです。

儀式が始まり、ラニとソフィアはジャングルの中へ進みます。様々な試練が待ち受けていましたが、心の不安定なラニをソフィアが支え、ふたりで協力して乗り越えて行きました。

もうすぐ頂上というところまでやって来たふたり。しかし、ママヌの手下の蛇が突然現れて道をふさぎ、不安定なラニが起こした嵐で地図も飛ばされてしまいました。

ラニとソフィアはケンカになりますが、大切に想い合う気持ちで仲直りすると、再び頂上を目指します。

ようやく頂上へたどり着いたふたりでしたが、先回りしたママヌによって炎の真珠が奪われてしまいました。怒りによって嵐をおこしかけるラニは、ソフィアの助けを借りて楽しいことを思い出します。

嵐を治めたラニは火山を操り真珠を取り戻すと、風の力でママヌを島の外へ吹き飛ばしました。

儀式から戻り、無事に真珠を王に渡したラニは島を守ることを約束します。儀式が成功したことを喜び、抱き合うラニとソフィアでした。


と言うことで、ラニ再登場のお話でした。
ソフィアとラニの南国衣装が可愛かったですね。

それにしてもイライララニは情緒不安定すぎです。まあプレッシャーがあったんでしょうが、切り替わりが速すぎて面白かったです。

そして突然出て来たラニの力が凄すぎます。天気を操り、大地を揺るがし、火山も操れるという、最強と言っても過言ではないパワーにしびれます。そういえば、初登場の時も嵐でしたが、あれもラニの心の不安の影響だったのでしょうかね。

今度再登場したら、ラニはどうなってしまんでしょう?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。