. ちいさなプリンセスソフィア 第78話 「はじめてのサマーキャンプ」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセスソフィア 第78話 「はじめてのサマーキャンプ」 感想

おおー おー おおー おー おおー おー おおー おー♪
はーい、ふたり組作ってー。「はじめてのサマーキャンプ」の感想です。

あらすじ!
初めてのサマーキャンプにやって来たソフィアたち兄弟。楽しく過ごすソフィアと違い、アンバーとジェームズは周りに溶け込めなかった。そこには悪い魔法使いのウェンデルもいて…。


見どころ
「きえたミニマス」で登場したウェンデルが、再び現れました。

ソフィアとアンバー、ジェームズの3人は初めて"サマーキャンプ"にやってきました。ところが、ワクワクしているソフィアとは違って、アンバーとジェームズはあんまり乗り気ではありません。

みんなは自己紹介を始めましたが、アンバーはいつもと違ってちやほやされずにがっかり、ジェームズは"かゆいツタ"を触ってしまったためにみんなから避けられてしまいます。

それでも、ジェームズがひとり座っている男の子に声をかけてみると、なんと悪い魔法使いのウェンデルでした。ちいさな王国を乗っ取ろうとしてママとパパに怒られ、サマーキャンプに来させられたと言うのです。

マンディという女の子と仲良くなったソフィアは、一緒にイベントを楽しんでいます。しかし、アンバーやジェームズが誰とも仲良くなれず、つまらなそうにしているのを見て心配になってしまいました。

夕方、キャンプの指導員が、翌日に"キャンプ対抗レース"があることを発表しました。ペアで船や筏を作り、湖にある島に渡って、となりのキャンプとどちらが先に旗を立てられるのかを競うレースです。

みんなが次々とペアを作っていく中、残ったジェームズはウェンデルと組むことになりました。でも、キャンプが嫌なもの同士なんだか気が合うようで、こっそりと家へ帰る作戦を立てて船を作り始めます。
アンバーはソフィアのお蔭で、マンディーと仲良くなり、3人は協力して筏を作ることにしました。

翌日、子供たちが湖に船や筏を浮かべると、ラッパの音とともにレースがスタートします。ジェームズとウェンデルの船は、勢いよく飛び出して先頭に立ちました。みるみる他の船を引き離すジェームズたちでしたが、実は、ふたりはこのまま帰ろうとしていたのです。

しかし、ソフィアたちの乗った筏が岩に乗り上げてしまいます。助けを呼んでいるのを聞いたジェームズはソフィアたちを放っておけず、引き返すことにしました。ウェンデルも、仕方なく手伝うことにします。

3人を救助したジェームズたちはソフィアの説得もあって、このままレースを続けることにしました。5人は力を合わせて敵チームを追い抜き、島に一番に到着します。旗を持ってジェームズとウェンデルは走りだし、島の頂上に旗を揚げてレースに勝利したのです。

祝福されながら、ソフィアたちはキャンプ場に戻ります。ヒーローになったジェームズとウェンデルは、キャンプも悪くないかもと考え直し、みんなとお祝いするのでした。


と言うことで、ペガサスを盗んでいたウェンデルの再登場でした。
どんな作品でも胡散臭く描かれる指導員でおなじみの、"サマーキャンプ"が舞台です。

ママに用意されたのか、蝶ネクタイをつけた格好で登場したウェンデル君。いかにも悪ガキっぽい顔つきでしたが、今回の話で友達もできて良い方向に進んで行きそうですね。

ソフィアに出てくるヴィランたちは、なんだかんだで自分の居場所を見つけていくのが、この作品の良いところです。アイビーとかママヌとかもそうなっていくといいですね。

あと、ジェームズが手紙出そうとして、ポストの前でブロックしたり、「おねがーい」って甘い声でいうソフィアが面白かったです。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。