. ちいさなプリンセス ソフィア 第20話 「ソフィアのだいぼうけん」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセス ソフィア 第20話 「ソフィアのだいぼうけん」 感想

まずは勇気2カップ♪
ティリーおばさん登場の、「ソフィアのだいぼうけん」です。

あらすじ!
ソフィアたちは遊園地へ行くのを楽しみにしていたのだが、遊びに来たティリーおばさんにお手伝いを頼まれてしまう。アンバーとジェームズは逃げ出してしまい、断れないソフィアが手伝うことに…。


見どころ
遊園地へ行くのを楽しみにしていたソフィアたち。しかし、今日はティリーおばさんが来ます。早く遊園地に行きたいアンバーとジェームズですが、ローランドは挨拶をしてからにしなさいと、許してくれません。

そうこうしてるうちに馬車が到着し、颯爽と現れたティリーおばさん。ジェームズのほっぺを抓ったり、アンバーのことを間違えたり。ふたりのいやそうな顔が笑えます。やっぱりアンバーは小さいころ変な顔してたんですね…。

ティリーは、アラベラリンゴを使った特製アップルパイを作るお手伝いを子供たちに頼みます。アンバーとジェームズは必死に断りますが、おばさんの頼みを断れないソフィアが手伝うことになると、ふたりはとっとと逃げてしまいました。

早速リンゴを採りに出かけますが、リンゴ園があるはずの場所に着いても何も見当たりません。実は特別な”アラベラリンゴ”の樹は、おいしい実をつけるための場所を探して移動するのです。
ティリーはローカスポーカスの地図を取り出します。それは、行きたい場所を聞くと絵が浮かんでくる不思議な地図。ソフィアがアラベラリンゴ園の場所を尋ねると、地図が道を教えてくれました。

まずは綺麗な花が咲き乱れる”麗しの花畑”。ヒマワリの迷路に迷い込んでしまいますが、魔法のぴょんぴょん靴で出口までの道を見つけると、ふたりはすぐに迷路を抜けることが出来ました。ぴょんぴょん靴を履いたソフィアの「ウィー!」がかわいい!

さらに歩いていくと、そこには深くて広い大きな谷。橋は崩れてしまい、どう渡ろうかと考えていると大きな泣き声が。声のする方へ進むと巨人が泣いています。足に刺さったトゲが痛くて巨人は泣いていたのです。ふたりでトゲを抜いてあげると巨人は喜び、お礼に谷を運んでくれたのでした。

ソフィアたちは、ようやくアラベラリンゴ園を見つけると、袋いっぱいにリンゴを採りました。ところがリンゴ園から帰る途中、唸り声をあげて飛び出してきたウォムビーストにリンゴの袋を奪われてしまいます。

落ち込むソフィアを励ますティリー。考えたソフィアは、ローカスポーカスの地図にウォムビーストの居場所を聞くことにしました。地図が示したのは恐ろしの山の頂上。ふたりは山のふもとまで歩き、頂上までティリーの凧で飛ぶことにしました。

みるみる高く舞い上がり、頂上の洞窟に着くとソフィアが中に入って行きます。響くウォムビーストの唸り声。しかし、動物と話せるソフィアは説得することに。
おなかがペコペコだというウォムビーストを、お食事会に呼んであげることにしました。

夜になり、お食事会でアップルパイを食べるソフィアたち。テーブルの下にはウォムビーストの姿もあります。アンバーとジェームズは遊園地の話で盛り上がっていますが、ソフィアも負けないくらいの大冒険を楽しんだのでした。


てなわけで、ティリーおばさんとおそろいの赤い服がかわいかったですね。四次元カバンからなんでも出てきてますが、ティリーおばさんて何者なんでしょう?
動物と話が出来るってことは、すべての生物とコミュニケーション取れるってことだから実はかなりすごい力ですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。