. ちいさなプリンセス ソフィア 第26話 「まほうのおもてなし」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

ちいさなプリンセス ソフィア 第26話 「まほうのおもてなし」 感想

こ~の~サッシャに~♪
ネトルさん再び、「まほうのおもてなし」です。

あらすじ!
魔法の練習をしているセドリックと一緒にいたソフィア。その様子を遠くから見ていたネトルは、ソフィアのペンダントが「アヴァローのペンダント」だと気付く。ネトルはペンダントを奪おうと、魔法使いサッシャに化けてソフィアに近づく・・・。


見どころ
シーズン2ということで、今回からOPの映像が変わりました。
前の方がまとまりがあった気がしますが、好きなカットとかあるのでこれはこれで。

晩餐会のおもてなしを任されたセドリックは魔法の練習中。魔法でごちそうを出したり、姿を映すと服装が変わって見える”変身する鏡”を用意したりと大忙し。そこへソフィアが訪ねてきます。冒頭からソフィアがちゃんとセドリックさんと呼んでます!
でもソフィア本人は気付いてないようですね。

その様子を遠くから覗いていたのが、ネトルさん。再びの登場です。ソフィアのペンダントが”アヴァローのペンダント”だと気付いたネトルは、バラのロジーという相棒と共にペンダントを奪おうと企んでいました。

ネトルは早速、サッシャという魔法使いに化けてお城を訪ねます。魔法で贈り物をするサッシャでしたが、不審に思うソフィア。

夜になり晩餐会が始まります。セドリックがもてなしますが、サッシャの細工のせいで魔法は大失敗。ふてくされたセドリックは出て行ってしまい、心配したソフィアも追いかけていきます。サッシャは魔法をかけると、城中を薔薇の蔓で覆ってしまいました。

サッシャが怪しく思えてならないソフィアは悩みます。その時、ペンダントが輝きだし白雪姫が現れました。白雪姫は、怪しいと思ったら直感を信じたほうがいい、と教えてくれたのです。

ソフィアはパパやママに相談しようと戻りますが、部屋は薔薇の蔓で塞がっていて入れません。とうとう正体を現したネトルが、ペンダントを奪おうと襲いかかります。

ソフィアは逃げて、セドリックに助けてもらおうとします。しかし、セドリックの杖は細工をされていて、あっという間にやられてしまいました。
閉じ込められていて、新しい杖を取りに行くこともできません。そこでソフィアは、ワームウッドとクローバーに蔓の隙間から杖を持ってきて欲しいと頼みます。

なんとか杖を手に入れたセドリック。今度はソフィアとふたりで戦います。変身する鏡を使ってネトルを追い込み、何とか捕まえることが出来ました。ソフィアたちはローランドたちを助けに行きますが、その隙にネトルは逃げてしまいます。
ネトルはあきらめません。声高らかに去っていくのでした。


ちらっとリーナ姫が居ました。
それにしても、ソフィアはセドリックさんのこと好きすぎですねー。
今回、オーロラ姫に続いて今回は白雪姫が登場します!
ですがまたもや歌なし・・・。残念です。代わりにネトルさんが大熱唱しますが。
ネトルさんはまた登場しそうですね。とっても楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント