. ちいさなプリンセス ソフィア 第2話 「おしろのパジャマパーティー」 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなプリンセス ソフィア 第2話 「おしろのパジャマパーティー」 感想

いいねっおしろっのっパジャマっパーティー♪
ということで第2話「おしろのパジャマパーティー」です。

あらすじ!
お城で初めてのパジャマパーティー。ソフィアは村の友だち、ジェイドとルビーを呼ぶ。
しかし、ふたりの行動はアンバーたちから反感を買ってしまう。何とか仲良くなってほしいソフィアだが…。


見どころ
パジャマパーティといえど、お城で行うとなれば大事に。
準備だけですごいことになってます。
ちょっとしたシーンですが、ソフィアのティアラを直してあげるアンバーはいいお姉ちゃんって感じ。

村の友達を呼んだことを知って、アンバーちゃん不満げです。”むらのむすめ”呼ばわり。アンバーいわく、お城のパジャマパーティーは”特別なもの”だそう。

パジャマパーティーのためにマジックショーを頼まれるセドリック。初めは嫌がってましたが、人形劇でペンダントを奪う作戦を思いつきます。いかにも失敗しそうな…。

しばらくして、アンバーとソフィアの友達到着。
アンバーはヒルデガードとクリオ、ソフィアはジェイドとルビーを呼んでいます。
ペガサスの馬車で来たプリンセス達に対して、ジェイドとルビーは普通の馬車。
やはり、ペガサスはそれなりに高価なんでしょうか。ユニコーンはもっと貴重なんでしょうね。

夜になると、パジャマパーティー開始。
ワイワイ盛り上がるジェイド達に比べ、アンバー達は優雅に楽しもうとしますが…。
ジェイドとルビーの変な踊りとボイスーパーカッションはなんなんでしょう。奇妙です。
ミュージカルシーンでのヒルデガードとクリオのバックダンスも若干シュールです。この回はアニメーションがちょっと硬い気がします。

はしゃぐジェイドとルビー、気取ったプリンセス、板挟みのソフィア。
プリンセスと村の娘の溝は見ていてつらいところですが、もちろん最後にはきちんと仲良くなれます。
クリオは割と普通の子っぽいところがあるんですけどね。アンバーとヒルデガードはいかにもお嬢様って感じです。

ジェイドとルビーにプリンセスのようにおとなしくして欲しいと頼むソフィア。当然ふたりは怒っちゃいます。
ミランダに諭されてソフィアは反省し、謝ります。3人は仲直りしてパーティー再開。
ソフィア、ジェイド、ルビーは3人でバランスが取れてる良い友達ですね。

結局プリンセスたちも楽しそうな誘惑には勝てず、ソフィアたちと合流。
最後はみんなでダンス。みんな仲良くなってめでたしめでたしです
ヒルデガードは変な踊りでも優雅でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。