. 映画 バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) 感想 - りおろの好きなもの感想日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) 感想

長いタイトル、
「バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。

あらすじ!
かつてヒーロー映画「バードマン」でスターになったリーガンだったが、すでに過去の役者として世間から忘れられていた。そんな彼は、脚色・演出・主演を務める人生をかけた舞台を成功させようとするが・・・。


見どころ
あまり映画に詳しくなく、にわかな私が語れるようなことはありませんがすごく良かったです。面白いと言うよりは楽しいって感じでした。

主演がかつて実際に”バットマン”を演じていた、マイケル・キートンというのが良いですね。他にもエドワード・ノートンエマ・ストーンもヒーロー映画に関わりある人でしたし、実在の役者さんの名前が出てきたりして面白いです。

この映画、始まりからずっとワンカットで進むのが面白い。地続き感というか、人の人生に乗っかってる感?がありました。

かつての名声を取り戻そうともがく主人公が追い詰められていくという展開は暗くなりそうですが、笑いどころがあったりしてなんかカラッとしていた気がします。それでも終盤はどうなっちゃうんだろうとハラハラしました。

笑顔で終わるラストは良かったデス。


とにかく最高の映画でしたね。一人の男がもがく様を見せつける、楽しい作品です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。